マンション管理会社を変えたい場合

管理会社を変えようと思っているなら

マンション管理会社変更のメリット及びデメリットと注意すべき点

管理会社を変更するまでのプロセス

マンション管理会社を変更するケースではまず第一にアンケートを行ない、マンション管理会社に対して不満を感じ取っているか否かを調査します。
不満が非常に多いと判断できたなら、チェンジする管理会社を選択するためにいくつかの管理会社へ見積りを依頼しましょう。
見積りを出す為に調査をしてもらう場合は、スケジュール調整が必要です。
調査終了後に見積りを見定める際は中身を比較し、理事会で望ましい管理会社がどれかを比較検討することになります。
気になった管理会社にプレゼンテーションをしてもらい、細かな情報を案内してもらうのが望ましいと言えます。


マンション管理会社を変えれば、清掃や必要な設備メンテナンスのクオリティーを改善可能です。
修繕工事などもしっかりと行なわれます。
管理会社を変更したら過去生じていた管理の外部委託費が削減されることから、マンション管理に関する費用を最低限に抑えることもできます。
マンション購入時に管理会社を選択することはできませんが、買い入れ後は自由自在に変更できるので様々な管理会社を確かめるべきです。

マンション管理会社変更のデメリット

マンション管理会社及び管理組合間では、個別的な決まり事を交わしていることがよくあります。
従ってマンション管理を他の業者へ委託をした場合、個別的な決まり事を続けることが困難です。
時として管理において悪影響をもたらすこともあるので気を付ける必要があります。
それに加えて、管理会社の変更がいままで一回も行なわれていないケースでは、変更をすると住民、あるいは物件所有者が管理会社に対して不安を抱いてしまう可能性もあります。
将来的にマンション利用者の総数が減ってしまうこともあるので、管理会社変更を考慮している場合はまず第一にアンケートを行うことが肝要になってきます。


マンション管理会社をチェンジする際は注意すべき点があります。
まず第一に、管理会社同士においての引き継ぎといえます。
主だったものは、設備管理それから、会計管理そして、書類や鍵の管理運営となります。
管理会社のチェンジが総会で認められてから、現実の上で管理会社同士の引き継ぎが完結するまでに、数ヶ月ほどかかります。
さらに、解約の必要な条件の確認です。
とりわけ、中途解約におきましてはそれなりの必要な条件があるので、契約書を確かめておくことが大切です。
ちなみに、引き継ぎの期間中の管理コストについては新しい管理会社より請求されるのが普通ですが、これに関しても併せてチェックしておきましょう。

人気記事ランキング