マンション管理会社でコスト削減

管理会社を変えることによるデメリットとは

マンション管理会社を変えるメリットとデメリット

管理に求められるコストを削り落とせます

マンション管理会社変更のメリットとしまして、まず 管理に求められるコストをカットできることがあります。
マンション管理費の中にあっても非常に大きな割合を占めるマンション管理会社に対する外部委託費用ですが、管理会社をチェンジすることでそのコストを少なくすることが可能です。
マンションを新築あるいは購入する際、管理の委託費用が非常に高くセッティングされている系列管理会社並びにディベロッパー関連会社に対しての委託が必要な条件となっていることが多くあります。
ですから、外部委託費用を相場に比べて高くお金を払わなければならないケースがかなりあります。
そのため外部委託費用が安い別の管理会社を選択し、費用について話し合いをすることで、費用削減できます。

管理している項目の修正が可能です

また、管理会社変更は、委任している管理する項目を適正化する契機となります。
項目を適正化する際、まず第一に理事会の中身や管理コストそして修繕積立金のバランス状態など管理運営に関わる大事な部分について管理会社と交渉することになります。
具体的には管理員の勤労条件や清掃の中身さらに、エレベーターや駐車場など、設備の点検回数や中身の見直しなどがあります。


業務内容、あるいはサービスが整備されているマンション管理会社をセレクトし、マンションの管理項目を適正化することでクオリティーを引き上げることができます。
実際のところ、マンション管理会社を変えて従来よりも気配りができるサポートを享受することができるようになった、或いは一層円滑にマンション管理が施されるようになったと身をもって感じられている管理組合役員、あるいは居住者の方は珍しくありません。

管理会社を変更する際のデメリット

管理会社を変えるデメリットとしまして、トータルコストが高くなることが考えられます。
管理の中身やサービスが充分に揃えられている管理会社は魅力があるといえますが、その分だけ外部委託費用も高くなる傾向が見られます。
場合によってはマンションの清掃する回数や設備を点検する回数を増やしたり、それほど必要とされていない項目を増やし外部委託費用を高額請求する会社も存在しますので、管理に関する業務やサービスの中身を十分に確認する必要があります。
また、 違約金が生じる可能性があります。
契約期間、あるいは解除方法によっては、違約金が避けられない可能性が考えられますので注意が必要といえます。
新たな形で契約を締結する管理会社のコストがいくら安いとしても、非常に高い違約金を取られては結果が期待できませんので気を付ける必要があります。

人気記事ランキング